バリ取り機をお探しなら!板金屋が追求する板金屋のための「メタルエステ」 新潟県燕市 株式会社エステーリンク

加工事例

  • HOME »
  • 加工事例

バリ取り機|メタルエステ 加工事例

バリ取り機「メタルエステ」の加工範囲は、有効幅 20~1000mm、板厚 70mmまでです。
さまざまなバリ取り加工をご紹介します。

事例1:表面処理鋼板SECC

材 質 ボンデ鋼板(SECC)
ワークサイズ 120mm×70mm×1.6t

メタルエステは表面処理鋼板(SECC等)のバリ取りを得意としており、専用の研磨ブラシを用いることで、誰でも簡単に均一なバリの処理が可能です。

表面処理鋼板の自動バリ取りは従来からバリ取り機業界の課題でもありましたが、メタルエステでは改良を繰り返すことによって、遂に表面の被膜を残しつつバリ処理を行うことに成功しました。

塩水噴霧試験などの各種審査をクリアし、現在国内大手メーカーにも多数導入されています。

SECC(ボンデ鋼板) 1.6t レーザー

SECC(ボンデ鋼板) 1.6t レーザー

事例2:ステンレス(SUS)、アルミ(AL)

アルミ t=1.5 タレパン加工:パンチ加工・抜き裏面の状態で加工

鉄、ステンレスやアルミをはじめ各種金属、樹脂や木材まで様々な材質に対してバリ取り可能です。
微小なバリ取り(糸面取り)からR0.3程度の面取りまで自由に調整可能です。

パンチ加工・抜き裏面の状態で加工

事例3:立体物

アルミ立体物

場所により10mm程度の高低差があるワークに対しても面取り可能です。
この場合、高い箇所ほど面取り量が大きくなります。

アルミ立体形状 切削後の面取り

アルミ立体形状 切削後の面取り

SS 縞板4.5t レーザーカット

縞板やバーリングなど多少の凹凸は問題なくバリ取り可能です。

SS 縞板4.5t レーザーカット

事例4:保護ビニール付き

保護ビニール付き

事例5:小物

SPC 2t プレス加工品 外径φ30

標準コンベアでは吸着固定出来ないワークも磁性があればオプションのマグネットコンベアにより固定しバリ取り可能です。
磁性のないワークでは治具により固定することもできます。ご相談下さい。

SPC 2t プレス加工品 外径φ30

事例6:酸化被膜

SS 12t レーザーカット

酸素切断によりできた切断面の酸化被膜を除去します。

SS 12t レーザーカット

事例7:仕上げ機能(オプション)

SUS304 2t レーザーカット

バリ取りにより荒れた表面を美しく仕上げる機能もオプションで用意しています。

事例8:レーザードロス

レーザーやプラズマによる切断ではドロスや頑固なバリが発生することもあります。
メタルエステではそれらを除去するほどのパワーがないためオプションのドロス除去装置にて予め除去する必要があります。
ただし、ベルト研磨のみではバリが完全に除去されず二次バリが発生してしまいますので、その後メタルエステ処理してください。
メタルエステにてバリ取りを行うことで綺麗な面取りが可能です。

SS 3.2t レーザーカット

SUS304 3t レーザーカット

PAGETOP
バリ取り機 集塵機 板金加工 ステンレス溶接 レーザー加工
Copyright © バリ取り機「メタルエステ」 新潟県燕市 株式会社エステーリンク All Rights Reserved.