メタルエステ1000・600S・1300
コンベアベルトの
蛇行調整

コンベアベルトの張り調整および
蛇行調整

コンベアベルトが緩い場合もしくは蛇行する場合はベルトの張り調整を行います。調整は入口側(従動軸の左右 にて行っ てください。固定 ナットを少し緩めてから調 整ボルトを回して調整 し、調整後 は 固定 ナット を締めてください。調整ボルトのネジピッチは 1.75 mm です。
 
 

蛇行調整を行う際は、ベルトが寄ってきた側のテンションをかけるか、反対側のテンションを緩めることにより蛇行が補正されます。調整ボルトを回し過ぎるとベルトが逆に蛇行したり、左右のテンションバランスが著しく崩れたりすることもあるため、調整ボルトは45°~90°程度の回転角度を目安に調整してください。コンベアベルトにブラシが当たらない高さに昇降を上げた状態で自動運転を0.5~1時間程度行い、様子をみて依然として蛇行が解消されていなければ再度調整を行います。
※調整機構は各型式によって若干の違いがあります。詳細についてはご使用のバリ取り機型式をご確認の上、取り扱い説明書をご参照ください。

トップへ戻る