メタルタッチ
フィルターの清掃

安全にご使用いただくために、使用頻度を考慮しながらこまめに火消し板掃除を行ってください。

手順

1)運転を停止する。
2)本体背面にあるノブボルト2ヶ所を緩めてフィルター扉を開ける。
3)フィルター及び火消し板枠を本体から取り出す。集塵機内部が粉塵で堆積している場合は粉塵を除去。
4)[ⅰ]火消し板枠の掃除を行い、取り付けてください。
5)[ⅱ]フィルターを取り付ける。図通りにパッキン側を吹き出し口側にし、フィルターの目方向を縦にして本体に取り付けてください。
6)フィルター扉を閉めてからノブボルト2ヶ所を締めてください。

※掃除機等で回収された粉塵は貴社規定及び関連法規に従って適切に廃棄してください。
 
 

 

火消し板掃除

安全にご使用いただくために、使用頻度を考慮しながら定期的に火消し板掃除を行ってください。
粉塵が多く堆積していた場合は分解掃除をしてください。
分解方法は下記図を参照してください。
 
 

 
①本体から取り出すと上記の左図になっており、ネジ4ヶ所で合体されています。ネジを取り外して分解してください。
②火消し板が上記、右図になっているため火消し板の間に堆積した粉塵を掃除機などで取り除いてください。
③掃除後、火消し板には目方向があるため図で示した矢印の通りに90°ずつ矢印の方向にして順番に重ねてください。
④火消し板を順番に重ねた後に、火消し板枠に入れてから火消し板枠を合体させてネジ4ヶ所を締めてください。
 
 

⚠警告
機械内部やギアボックスへの給油は必ず機械の電源を切った状態で給油してください。給油中は、給油中であることが周囲の人たちにわかるように表示し、不慮に電源が入らないようにしてください。給油中に間違って運転すると大変危険です。

 

火消板掃除及びフィルター交換の条件

[ⅰ]「集塵能力が落ちてきた。」又は「週一回」の背面の火消し板掃除
基本的には掃除機もしくは水洗いにより掃除してください。
内部に粉塵が溜まっているときは分解掃除をしてください。
詳細は取り扱い説明書「10-4 火消し板掃除」を参照してください。

[ⅱ]操作パネルのフィルター交換表示灯が点灯したら交換です。
フィルター前後の差圧が300Paを超えるとランプが点灯するように設定されています。
フィルタ―は使い切りタイプですので、目が詰まってきたら交換してください。

トップへ戻る